改善系 食べ物系

ウドズオイルとは?飲むだけダイエットで痩せた効果や味とは。

更新日:

スポンサーリンク

俳優の中村獅童さんが飲んでいただけで8キロも痩せたという魔法のウドズオイルとは?ダイエット効果。


聞いたことのない名前かもしれないが、今こうして調べてここに辿り着いた人はおそらく

何かしら興味をもってウドズオイルを調べてみたと言うことでしょう。

 

素晴らしい大発見でございます。

 

僕は実は昔ジムトレーナーをやっていたのですが、当時は普通に油物を抑える事

そして食物繊維を多くとって腹持ちを良くして食べ過ぎを防ぐこと。

こうした事を教えていました。

 

それも実際間違ってはいません。油物が肌荒れや脂肪に変わりやすいのは正解です。

 

でもこのウドズオイルというのは本来人間が必要とする油をバランスよくブレンドしたもの。

身体を綺麗に健康的な方法で痩せさせる魔法のオイルなんですね。

 なぜウドズオイルがダイエットや健康に効果的と言われているのか?答えはオメガ3とオメガ6という成分の絶妙なブレンドバランス。

人間の身体に必要な成分のなかにやはり脂質というものがありますよね。

油がゼロなんて絶対に生きていけません。

 

その中にオメガ3とオメガ6という必須脂肪酸が存在するわけです。

 

オメガ3の作用
アレルギーを抑制したり炎症抑制する。血液をサラサラにする効果もあり、血管も拡張してくれる。

オメガ6の作用
アレルギー促進したり炎症促進効果も。・・・オメガ3と逆の効果で血液も固めてしまう。

 

そしてこのオメガ3とオメガ6の必須脂肪酸は1:4くらいのバランスが人として理想とされているんです。

普通に考えればオメガ6はデメリットしか無いから全くいらないと思うかもしれないですが、そうではありません。

バランスが大事なんですよ。抑制だけしていても何か身体に異常があった時炎症も出ない。

身体に毒物が入って体内はヤラれているのに何も反応しない。これでは駄目ですね。

適度にオメガ6だって必要なわけです。

ここまではなんとなくで理解しておいてください。

さてでは見てみましょう。

オメガ3を含む食べ物

チアシードオイル、青魚、亜麻仁油など

オメガ6を含む食べ物

べにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズなど

これを見てピーンと来た人はもうわかったでしょう。サラダ油やマヨネーズなどオメガ6のほうが日常的に使われている油は多いです。

マクドナルド、ケンタッキー、コンビニ弁当、ファーストフード

これらのほとんどはオメガ6の油を使った料理が出されているんです。

現代人の食事がオメガ3とオメガ6の理想の割合1:4に対して

現在は1:20以上の割合になってしまっている。

 

これを元の適切な配分に戻してくれるのがウドズオイルというわけです。なんとなくわかりましたでしょうか。

スポンサーリンク

ウドズオイルがダイエットにいい理由は?

ウドズオイルはここまで見るとただの健康食材かもしれません。しかも脂肪分です。

ダイエットに必要なのか疑問がもたれるでしょう。

 

でも違うんですよ。僕らが普段太っている原因の主な脂肪分はほぼオメガ6だけです。

揚げ物やマヨネーズによってです。

そしてオメガ3の脂肪で血液がサラサラになったりすれば代謝も上がったりします。

そうなればちょっとした運動や日常生活でもしっかりエネルギーを使ってくれます。

 

固くなっていた体内の脂肪や血液が柔らかくなり流れやすくなります。

 

脂肪は決して外側から消えてるのではなく中から消えているんですから体内をまずはしっかりさせること

これですよ。

 

ウドズオイルの適切な量など飲み方。格安ウドズオイルで健康なアレルギーをおこさない身体とスリムボディをつくる。

ウドズオイルでもそうですし、ビタミンサプリでもそうですし、食べ物はなーーーんでも言えることを言います。

 

健康食品だからって食べ過ぎはすべて悪です。

 

同じものだけひたすら食べていいわけがありません。

 

あくまで1でも10でもない5こそが理想なんですね。

 

さて適度な量と言っても実はウドズオイルは

液体で販売されているものと、サプリメントとして錠剤で販売されているものがあります。

だから正解はないので一つ一つ紹介しながら行きます。

まずはこうしたお試し用から使って効果を実感してみましょう。

こちらは朝昼晩の3回 一回の摂取は2粒

これが適切です。

 

しかしその日の食事でオメガ3の必須脂肪酸をとっているなら一粒とかでも

いいかもしれません。

こちらは液体版ウドズオイルです。

単体で食べるのではなく調理用としてご飯と一緒に食べるのでこのほうが続けやすそうですね。

そして一日大さじ一杯をめどにするのでタブレットよりも長持ちするかもしれません。

ただ注意です。

 

ウドズオイルは決して加熱してはいけません。

 

なので調理した汁物、煮物、魚、パスタ、サラダなどなどに後でかけて食べる。

こうした食べ方でお願いします。

ウドズオイルは加熱することで栄養成分が薄れて劣化してしまうそうです。

 

2つともお試し用ですが、それで気に入ったり効果が高いと思ったら普通の量のものを買ってみてもいいですね。

大なり小なり人には効果が違いますからまずやってみて実感してみましょう。

スポンサーリンク

-改善系, 食べ物系

Copyright© 生活BENRI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.