IT系

スマホやiPhone6に水没なし衝撃なしの最強のスリム防水ケース。 

更新日:

スポンサーリンク

水没も衝撃もないから修理代もなし?!とうとう出てきた最強のアイフォン6ケース

トリニティ

とうとう出ました。こんな時代がくるものです。アイフォン6にものすごい防水ケースが出てきましたよ。

トリニティがIP68に準拠した防水、さらに防塵性能を備えるiPhone 6向けケースを発売。

名前は「Catalyst Case for iPhone 6」を出してきました。

 

価格は税別9500円。

 

高っか!!!!

 

そもそもそのなんですかね。

「I68」

これがいったいどういったものかというとですね。

防水と防塵の国際規格のIP試験で最高の等級を示しているとか。

 

そのスペックはというと

 

深さ最大5mまでの水中で使用可能。

高さ2mから落下してもアイフォンは無傷。

 

とのことらしい。

 

そうなればもうスポーツをしながらでもないかぎり、普段の生活ではまずアイフォンを割る事も水没させる事もないでしょう。

車にひかれない限りは笑

スポンサーリンク

そんなに強度があるケースだとボディはかなり分厚いのではないのか?

トリニティ1

実は厚さは約11.4mmというスリムなボディ。

もちろんケースを付けないことが何よりスマートでスリムでいられるのだが、やはり安全面という保険と思えばなんの苦もないだろう。

 

ただやはりちょっとゴツイ笑

 

ゴツゴツしてたり重厚感があったほうがかっこいいと思う人はいいだろうが、そうでなければちょっと違和感かな?とも思う。

iPhoneアイフォンのデメリットは何と言っても画面割れ、水没、傷などの修理ではないだろうか?

アイフォンの辛いところは何と言っても修理です。

なんせお近くのお店にふらっと行ってアイフォン壊れたので交換か修理してくださいー。

なんて手頃なことは出来ない。

 

アップルの正規販売店に行って修理を出さないといけないし、ものすごい時間がかかる。

 

実際修理代を日本の携帯会社に取られたくない気持ちもわからなくはないですけども、

これ死活問題ですよね。

 

よっぽど嫌な人は本当にケースを検討するといいかもしれません。

ケースを付けたくないけど画面割れだけは防止したい!

そんな人はこんな強化ガラスフィルムをつけると分厚くなったり、使いづらいのを防げて本当の意味でスリムに使いこなせるかもしれません。

 

ただアイフォンを持ちながら

 

スキーをしたい。スノーボードをしたい。はたまた海で遊びたい。登山もしたい。

 

というようなシーズンスポーツだったり自然の中で携帯を所持したい人は高価でも防水ケースを購入したほうがいいでしょうね。

 

高さ2mからの落下とか水深5mとかそうでもしなきゃありえませんから笑

スポンサーリンク

-IT系

Copyright© 生活BENRI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.