改善系

節水できる節約アイテムや方法と効果。エコの理由と意義は?

更新日:

スポンサーリンク

様々な節水方法で節約して家計改善?一人暮らしも必見。でもまず知ってほしいエコの理由と意義

さて、いきなりです。

電気代。水道代。ガス代。この中で一番お金がかからないのはどれでしょう??

 

節水アイテムや節水方法については後でお話しますのでちょっとだけお付き合いください。

では答え。

 

はい実は正解は水道代です。

 

水道代は1リットルで1円もしません。一回お風呂満タンに入れたところで数十円です。

お風呂で実際かかっているのは電気代とガス代です。お湯ですからね。

 

つまり言ってしまうとですね。

 

節水したところで月間で1000円程度しかわかりません。

でも4人家族とかなら月に3000円ほどは節約されるかと思います。

 

もちろん3000円くらいだとしても年間で3万円~4万円は節約できるでしょう。

すごく大事と思う人もいます。僕なら節約したいです。

 

ただ3000円か。たかだかこんな値段しか差がないなら節水しなくていいや。

 

って思う方もいるでしょう。

 

でも僕は節水をしてほしいわけなんです。

スポンサーリンク

節水してほしい理由は水を大事にするということ。節水が実は僕達を一番潤してます。

なんか説教臭いですね。すみません・・・汗。

 

例えばですね。僕らが普通に醤油を使いますね。そしてシンクに流します。

様々な浄水機能があってそれが下水を流れてきれいな水になるわけなんですが、

 

醤油一滴に対してきれいな水に戻すために必要な水の量は約風呂満タン分くらい。

 

と言われています。つまり僕らが目に見えて使っている以上に

水って莫大な量が必要なんです。

 

きれいな水になれば川や海が綺麗になります。

きれいな水になると魚や動物や植物も綺麗になります。

自然が豊かになると空気が綺麗になります。

それを食べたり、息をする僕らの身体もまた綺麗になります。

 

なんだこれはどっかのドキュメンタリーか?!

 

なんて思われるかもしれないですが、知っててほしいんですね。

 

水1リットルでも10リットルでも数円ですよ。節水する意味がないかもしれません。

ですが問題は1リットルとか10リットルを使わなかったことなんです。

もちろん必要なことではガンガン使えばいいと思いますし、 別に我慢はしなくていいでしょう。

 

ただちょっとだけ意識すれば変わる。

 

こういうことが言いたいだけなんです。

節水に節約に使えるアイテムや方法、効果を紹介。

たとえばシャワーヘッドをマイクロ・ナノバブルシャワーヘッドに変えれば50%シャワーの水量を節約出来ます。

ですが実際かなりきめ細かいシャワーのため水量が少ないと感じることもなく健康にもかなり良いです。

保湿、冷え性などの改善も出来て節水も可能なアイテム。

お使いの蛇口に装着することで節水可能。年間で5000円ほどの節水効果があるようですね。

泡沫機能なので手洗いなどで手にやさしいです。

※ただ装着できる蛇口と出来ない蛇口があるのでお使いの蛇口を商品ページと比較して検討してみてください。

これは節水リングと言います。

主にトイレに使うのですが、トイレの無駄な水量を抑えてくれます。

最新のトイレをお使いのお宅なら節水対策済みのトイレでしょうが、

古いトイレをお使いの方はコチラを設置してみてはどうでしょうか?

 

ちょっと堅苦しい話の紹介になってしまってすみません。

ただちょっとこれは伝えておこうと思ったんですね。

 

別に世界のためとか水を綺麗にしようとかそういう思いで使わなくてもいいんですよ。

 

ただお金が節約できるってことで節水でいいんです。

 

それで川や海が綺麗になるっていうことを付加価値くらいで考えてもらえると幸いなんです。

スポンサーリンク

-改善系

Copyright© 生活BENRI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.