オシャレ系

2015年!70年代風のファッションの主役デニムの意外すぎる歴史。

更新日:

2015年流行間違いなし!といわれている70年代風ファッション!なるほど!で?どんなファッションだよって話。

はいどうもベンリーです。

 

今年来ますよ2015年!70年代風ファッション。

 

ってなりますけどもそもそも何でしょう。

 

僕は決してファッションにうといわけではなく、むしろ自分はお洒落なほうだという自覚があります。

でもですね。

 

70年代テイストのファッションが来る。

 

なんて言われても1ミリもピーンとこないわけです。

 

ファッション業界の中でもトップを走り続けるVOGUEによると、

70年代のロマンティックなヒッピースタイル、モダンに生まれ変わったジャポニズム、機能性を重視したユニフォームスタイルなど・・・・

えーっと・・・

 

言ってる意味がわからない。

 

ロマンティックなヒッピースタイル。

モダンに生まれ変わったジャポニズム。

 

せいぜいジャポニカ学習帳くらいしか浮かびません。

 

きっとみなさんもよほどファッションに詳しくない限りは言ってる意味がわからないでしょう。

そこでこの70年代風トレンドを簡単にわかりやすくして見ようかと思います。

70年代風ファッショントレンドはスエード素材や大きな花柄、そして何と言ってもデニム!

まずスウェード素材というのは

こういうモコモコした素材ですね。

今でも結構普通に使われているので70年代という感じはしません。

 

そして花がらですが、最近ではレギンスの下着じゃないバージョンのパギンスが出てきたことで、

花がらをファッションに取り入れる人が増えています。

つなぎ?オールインワンと言いましょうか。全身花がらの人も増えてきていますね。

 

でも70年代ファッションの中心的なものは何と言ってもデニム。

これじゃないでしょうか。

 

70年代ファッションはジーンズファッションが現代に根付いていると言ってもいい時代です。

今では当たり前にベストジーニスト賞などメディアで取り上げられているほどファッションの中心にありますが、

70年代のファッションが受け継がれて来た結果です。

 

そんなデニムなんですが、現代的な言い方ですのでジーンズと言う事にしましょうか。

70年代にファッションとして根付いた事はわかりました。

でも??

 

そもそもジーンズってなんで誕生したのだろう?

 

今では当たり前のジーンズ。そもそもなぜジーンズが生まれたのか。

それをちょっと話しましょう。

スポンサーリンク

ジーンズ(デニム)の歴史。ジーンズはファッションではなくもともとは作業着?!そして虫除け用の服だった?!?!

ジーンズの歴史はさかのぼる事アメリカのゴールドラッシュまでさかのぼります。

難しい話じゃないので聞いてください笑

 

ゴールドラッシュはようは金鉱を掘り当てて儲ける時代。

多くの鉱夫(鉱山を掘る人たち)が鉱山でしきりにツルハシなどを使って山や洞窟を掘っていました。

人生の一発逆転!大金持ちを狙って!!

それはもう必死に宝探しをしていたわけです。

 

そんな鉱夫達には悩みがありました。

 

それは石やら岩やら硬いものにズボンを引っ掛けたりこすることですぐに破れてしまうという悩み。

 

そこで1870年、ある仕立て屋だったヤコブ・デービスという人が、ある所から仕入れたキャンバス生地を用いて仕事用パンツ(ワークパンツ)を作りました。

これが鉱夫達ように作られたズボン。

 

ジーンズです。

 

そしてある所から仕入れたというキャンバス生地。

ある所とはリーバイス社のリーバイ・ストラウスなんですね。

 

そう。今のLevisです。

 

これがジーンズの始まりです。知ってましたか?僕は全く知りませんでした!

ジーンズはこうして鉱夫のための強度の高いズボンとして誕生していたんですね。

ジーンズのインディゴ染が虫除け

誰もが知っているでしょう。今は色んなカラーがありますが、ジーンズは青いです

 

その青い理由はインディゴ染めという濃い青色の染色がされてるためなんです。

 

このインディゴ染めに使われていたのが天然のインディゴという素材。

このインディゴにはピレスロイドという成分が微量に入っていたのですが、

そのピレスロイドに虫除けや蛇避けの効果があったためなのです。

 

聞いたことあるような気がするはずです。ピレスロイド。

そうです!!!!これ!!

ミセスロイド

防虫剤のミセスローイードー♪

のミセスロイドの元の名前ですよ。

 

だからこのピレスロイドが含まれているインディゴ染めで虫除けや蛇避けが出来たため、

鉱山作業だけでなく農業などの自然の中でもジーンズは作業ズボンとして使われていたんですねー。

 

ただ現代は人工的に作った染料で染めているのでピレスロイドは含まれていなく、虫除けなどの効果はないです。笑

 

実際現代の合成インディゴで染めたジーンズでは蛇に噛まれても

天然のインディゴで染めたジーンズは蛇に噛まれなかった。

 

という実験もあったので効果は実際あったようですね。

 

こうした歴史の背景があって、70年代にその作業着であるジーンズを日常のファッションに取り入れる画期的な試みがあって

現代に至っているわけです。

 

そしてその今でいうデニムを再び70年代のように着こなそう!

というファッショントレンドが2015年の70年代風ファッション。

というわけなんです。

デニムファッションが2015年に再び蘇る。70年代テイストはデニムオンデニム。

 5177176813_4d2edcb6ba
photo credit: denim on denim via photopin (license)

簡単にいえば上下デニムでまとめたファッションと言ったところでしょうか。

この良い意味で古臭い感じが2015年に来るようですね。

 

デニムアイテムをチェックしてこれから先取りしてみてはいかがでしょうか。

【デニムオンデニム】デニムコクーンダブルジャケット◆送料無料◆
レビュー(0)
価格:5,490円
19-70・ナインティーンセブンティのキラキラのオリジナルデザインブローチ付きデニムジャケット♪ショート丈が可愛いジージャンだからワンピースに羽織るのもOK!トレンドのデニムオンデニムもかっこよく決まります【送料無料・代引手数料無料】10P01Mar15
レビュー(0)
価格:81,000円

ちなみにこのデニムというのは、生デニムという一回洗いすらしていないような新品デニムではなく、

ちょっと使い古したようなケミカルな物のほうが流行ってるみたいですね。

70年代というちょっと古くさい感じを出すというトレンドは

作業着をオシャレにした。

という昔ながらの雰囲気をそのまま再現しているのかもしれません。

スポンサーリンク

-オシャレ系

Copyright© 生活BENRI , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.