IT系

互換と純正プリンターインク詰め替え激安価格比較!エプソン編

更新日:

エプソンプリンターインクの純正価格。

プリンターのインクカートリッジって非常に高いです。

そこでプリンターのインクカートリッジについてできるだけ安く手に入れる方法を考えてみました。

 

まず純正のエプソンプリンター純正価格について。

型番や使うプリンター、または4色か6色によって違いますが、5000円はちょうど中間あたり。

 

大体お店で見るのも安いのも含めて3500円~6000円が相場ですね。

つまり1本あたりだいたい1000円くらいという計算になります。

 

一本1000円は高い・・・・

互換インクと純正インクの違い。メリットとデメリット比較。

純正インクのメリット。
  • 純正ということはメーカーが出しているので色の出具合や相性は当たり前ですがいいでしょう。
  • 何より純正インクというのはメーカーが保証しているものなのでトラブルが起きても保証してくれます。
  • インクが漏れた場合、プリンターが誤作動した場合もメーカー保証が聞きます。
  • そして何よりトラブル自体も低いのが魅力です。インク漏れなどはあまり聞きません。
  • あと電気屋で必ず売ってます。
純正インクのデメリット
  • 純正インクのデメリットは一つだけです。値段が高い。これ以上のデメリットはありません。

 

逆に互換インクはどうでしょう。

 

互換インクのメリット
  • なにより安いことが互換インクのメリットです。
  • 互換インクはインク漏れなどのトラブルの心配がありますが、最近では互換インクでも保証してくれる所がおおい。
  • 中には純正インクよりも綺麗に発色するインクもある。
互換インクのデメリット
  • メーカー保証はありません。なのでインク漏れでのインクの保証はあっても、それでプリンターが壊れた場合の保証はないです。
  • 純正インクよりインクが漏れたりプリンターが反応しなくなったりとトラブルは多い。
  • 結局クリーニングやら故障で高くついてしまう人もいる。

 

それぞれメリット・デメリットありますが、ベストはやはり純正インクを買ったほうが良さそうです。

ただ純正ではない互換インクだからといって悪いわけではなくトラブルは一部の話なので一概にはなんとも言えません。

 

純正インクと互換インクの価格比較

純正インク価格 互換インク価格
3000円~6000円 1000円から2000円
一本あたり1000円程度 一本あたり300円程度

価格比較で見ても純正に比べれば互換インクは約3分の1に節約できそうです。

スポンサーリンク

エプソンプリンターのインクカートリッジをミス無く買うにはやはりレビューや高評価の物を買う。

純正や互換インクはどちらもメリット・デメリットがあり一概にどちらと選ぶことはできません。

もちろん純正のほうがいいのは当たり前ですがお財布との相談もあるでしょう。

そこで評価の高く、レビューも多い物をランキングにしてみました。

 

※お使いの機種に応じたインクについてはそれぞれページに乗っていますので、

そこから探しだしてお選びください。

1
EPSON|エプソン インクカートリッジ IC6CL50【送料無料】
レビュー(713)
価格:5,054円

2
インク福袋 ★送料無料 インクカートリッジ インク エプソンプリンター用 キャノン ブラザー hobinavi 純正インク 同品質 IC6CL50 IC6CL70L ic50 ic70 ic80 純正 canon プリンターインク【RCP】IC6CL70 2015 互換インク 詰替 福袋 インク スーパーセール 3月
レビュー(25,986)
価格:3,333円

3
IC6CL70L【税込】 エプソン 純正インクカートリッジ(6色セット・増量) [IC6CL70L]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
レビュー(172)
価格:5,073円

4
インク 互換インク インクカートリッジ プリンターインク エプソン (IC6CL50 IC4CL6165 IC4CL46 IC4CL62 IC6C32) キャノン (BCI-326+325/6MP BCI-321+320/5MP BCI-7e+9/5MP BCI-351XL+350XL/6MP) ブラザーインク (IC62 IC50 IC46 LC12) (BCI-325 BCI-351 BCI-350)05P01Mar15
レビュー(6,759)
価格:1,080円

5
IC6CL50【税込】 エプソン プリンタ純正インク(6色セット) [IC6CL50]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
レビュー(79)
価格:5,535円

やはり1位は純正インクのようですが、

互換インクも2位にランクイン。レビューもかなり高評価が多いようなので値段を気にする方はそちらをどうぞ。

 

ちなみにエプソンを使っている人にはアレなんですが、

純正インクにこだわりを持つのであれば

Canon、EPSON、hp、brother、などなどのコピー機や複合機でコストパフォーマンスの安い機種を買うのも

一つの手かもしれません。

 

純正インクが位置やすいメーカー。一番長持ちするメーカーの機種を見つければ

こうした悩みは一切ありませんから。

スポンサーリンク

-IT系

Copyright© 生活BENRI , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.